canonのインクは長く使えるそのワケとは

印刷、コピー機を購入使用する際にはその機械本体よりもインクの方が高価になり、印刷・コピーを一枚刷るにはコンビニエンスストアなどに置いてあるコピー機に頼る方が安価にすむのではないかということがあります。そのような背景あり、インクの性能が直接、コピー・印刷することに関する単価に関わってきます。さまざまな会社がさまざまなコンセプトをもとに多くのインクを発売していますが、特にcanon製のものは長く使用できるというコンセプトに発売しています。長く持つということはカートリッジを交換する手間や印刷中の交換など印刷・コピーをする際に必ず付きまとう困難が少なくなります。また、印刷費そのものが削減することができます。今回はなぜcanonのものが長く使えるのかその理由を伝えます。

canon製は印刷機に合っている

印刷・コピー機はただ印刷、コピーをするものではありません。いつでも最適な機能を保つために機械の中で調整を行うことや、その他にも色の調整を行うなど機械自身が最適な時期に調整を行っています。そのような際に機械内の用紙や塗料を使用することは少なくありません。このように塗料は消耗品のようにものすごいスピードで消費されてしまうのですが、そのような際には塗料内の成分によってどの程度の量を使用するのかが決まってきます。キャノン製の塗料は色素を作成する際に不純物を使用していないので、機械内の調整する際にはあまり塗料を使用することなくできます。このようにキャノン製の塗料は印刷・コピー以外に使用する際にも使用量を削減しているので、一つのカートリッジを長く使用することができます。

canon製のインクはそのもの以外に秘密がある

塗料のカートリッジはさまざまなものでできています。最も機能に影響を与える部分はカートリッジ内のスポンジ部分です。このスポンジが高機能であれば、無駄な塗料をスポンジ部分に吸い取られることがなく、印刷・コピーをすることができるので、塗料を長持ちすることができます。塗料を長く使用することができる秘密はまだあり、カートリッジサイズにも根拠があります。できるだけ多くの塗料を入れられるように設計されるべきですが、ほとんどの会社はそのようなことは考えません。キャノン製のものは互換用のものなどにもよりますが、できる限り多くの塗料を入れることのできるサイズに設計されています。また、塗料本体の性能も良く一回の印刷・コピーに使用する塗料量も少なくすることができます。