canonのインクをエコに使う方法

canonのインクは、発色や印刷品質、コスト面のバランスが優れていますが、工夫次第では更にエコに使うことが出来ます。コストが発生するタイミングは、使い切って買い替えが発生する時なので、少しでも長く無駄なく使えるように使用することがポイントです。一般家庭向けの方式は、液状の染料や顔料を用紙に吹き付ける仕組みですから、使う頻度によっては詰まったり、詰まりの解消で印刷ヘッドのクリーニングが行われます。多くの製品では、クリーニング時に少なからず消費が発生するので、なるべくクリーニングしなくても済む、そういった使い方を心掛けることが肝心です。また、必要量に対してそれ以上に消費したり、無駄と気付かず使っていることもありますから、印刷方法や印刷品質の設定に目を向けることも要点です。

印刷は少なくても月1回の頻度で行う

多くのインク方式のプリンターは、印刷ヘッドに印刷機能が集約されていますし、canonの製品も例外ではなく同様です。ここが詰まってしまうと、正常に印刷することが出来なくなりますから、詰まりを未然に防ぐことが何よりも重要です。詰まりの発生原因は主に、染料や顔料が乾き始めたり、固まった成分がヘッドに固着してしまうことがきっかけといえます。大抵はクリーニングで回復しますが、クリーニング時は無駄を発生させてしまうので、エコに使用したい人には避けるべき注意点となるでしょう。固まる速度は温度や湿度に左右されるものの、早ければ1ヶ月程で問題が表面化しますから、最低でも1ヶ月、出来れば2週間に1度の頻度で印刷を行うと効果的です。道具は適度に使わなければ劣化する、そう念頭に置いて定期的な使用を心掛ければ、無駄を発生させずエコに使い続けることが出来ます。

用途に応じて設定を変えるのも長持ちの秘訣

インクの消費量はランニングコストに関わりますから、canonも少ない量で綺麗に印刷出来るように、工夫や改良を行っています。しかし、最終的には使用するユーザーの使い方で決まるので、ユーザー自身が無駄を感じたら使用方法を見直すことも必要です。例えば、色分けが不要な印刷物はモノクロにして使用量を減らす、といった簡単な節約方法が挙げられます。所が、この方法は特定の色だけを早く消費したり、全体の残量のバランスを崩してしまう欠点が存在します。毎回印刷物に応じて設定を変える、こういった手間もありますから、必ずしも決定打にはなり得ない工夫の方法です。近年では、パソコンに導入するだけでエコが実現出来る、そのようなソリューションが幾つも登場しています。中には、無料で提供されている物もあるので、どの程度エコの実現に近付くか試用したり、検証を行い評価してみると良いでしょう。色が薄くても気にならなければ、それはインクの消費量が減らせることを意味するので、canonのプリンターをエコに愛用出来る結果に繋がります。